使いやすくて導入しやすいフッ素系離型剤でメヤニを抑制!

金属加工

クリーンな作業環境が保てるフッ素系離型剤がワックス系よりも便利

ガッツポーズの作業員

プラスチック製品の生産現場で使われる離型剤の種類としては、ワックスを使ったワックス系、フッ素コーティング剤を使ったフッ素系などが有名で、よく使われています。これからそうした製品の製造を新たにスタートするにあたってどちらを使うか検討中なら、諸々の事情からフッ素系を選択する方が便利と思われます。
例えば、ワックス系離型剤を使うと、成形自体は綺麗に出来ても、製品を金型から剥がす際に、離型剤も一緒に剥がれて来てしまうという問題があります。こうして製品に付着した離型剤は洗浄して綺麗にしなければならず、作業手順が一つ増えるので面倒です。フッ素系離型剤を使うとこのような問題はなく、クリーンな現場で成形作業が出来て快適です。
成形物の後処理に関しては、メヤニの生成も問題になりがちです。離型剤を洗い落とす必要があるのと同様に、成形プロセスで出来てしまったメヤニも除去しなければなりません。フッ素系離型剤はメヤニ生成を抑制できるため、この点でも頭を悩ませずに済みます。ワックス系離型剤との比較では、フッ素系離型剤の持続性が優れていることも、有利な特徴の一つとしてよく知られています。離型剤としての使いやすさや効果を総合的に考慮すると、フッ素系離型剤を選ぶ方がいいでしょう。

headline

プラスチック製品などを綺麗に形造るのに最適な離型剤とは?

大量のねじ

成形過程で金型に粘着して綺麗な形を造るのが難しいプラスチックやゴムの製品は、適切な離型剤を使う…

»more

複雑な形状で成形困難なゴム製品等には優れた離型剤を使おう

機械のスイッチ

ゴムやシリコンなどを金型に流しこんで成形する際に不可欠な離型剤ですが、製品によって、離型効果や…

»more

パッキンやゴムチューブを正確に形造るのに使える離型剤

工場の機械

細長いものは、総じて上手く成形するのが難しいものですが、そのいい例としてゴムチューブやパッキン…

»more

クリーンな作業環境が保てるフッ素系離型剤がワックス系よりも便利

ガッツポーズの作業員

プラスチック製品の生産現場で使われる離型剤の種類としては、ワックスを使ったワックス系、フッ素コ…

»more

contents list

TOP