使いやすくて導入しやすいフッ素系離型剤でメヤニを抑制!

金属加工

メヤニを抑制できる良い離型剤を選ぶためのチェックポイント

外に積まれたダクト

離型剤が優れた効果を発揮してくれれば、製造現場での作業の失敗や遅延を最小限に抑えることが出来て大助かりです。そのため、導入する離型剤については、できるだけいいものを慎重に選ぶ必要がありますが、その際、離型効果そのものの高さの他に、いくつか特にチェックした方がいい点があります。
例えば、成型過程で生じるメヤニがどの程度か。メヤニを完全に抑制するのがベストですが、生じる場合は、メヤニ除去のステップを作業工程のどこかに組み込む必要があります。また、連続離型にどの程度耐えられるか、これによって、一日にいくつの製品をまとめて製造可能か、おおよその見込みが分かります。
加えて、引火性があるかないかも重要なチェックポイントです。引火性ありとなると、現場で扱う量次第では、該当する法律に従って、危険物を扱える現場として体制整備が必要になるかもしれません。こうしたチェックポイントを全てクリアする離型剤も存在します。それは、フッ素コーティングの効果を応用したフッ素系離型剤です。
フッ素系離型剤は、離型効果が抜群なことに加え、メヤニ生成を抑制でき、連続離型に強く、かつ不燃性溶剤を使った製品もあります。これから新しく離型剤を導入するなら、まず、メヤニ抑制効果が高いフッ素系離型剤が第一選択肢と言えるでしょう。

成形現場で刷毛などで塗布できるタイプの離型剤もある

仕事中に、仕事で使う材料や道具が不足したり不具合を起こしたりすると、そこで作業が中断して時間が無駄になります。ゴム製品等の製造現場も同じで、こうした時間のロスが発生する原因の一つとして、離型効果の低下があります。
金型に塗布してすべりをよくすることで、成形物を金型から綺麗に分離できるようにするのが離型剤の役割ですが、この効果が薄れると、製品を綺麗に作ることが出来なくなります。こんな時、離型剤補充を外注に頼らなければならないのは面倒です。幸いにして、フッ素コーティング剤を使ったフッ素系離型剤には、現場で手軽に使えるタイプの製品があります。
フッ素系離型剤は、メヤニの生成を抑制出来たり、不燃性の製品があるなど、多方面にわたって特に現場に優しい離型剤としてよく知られています。メヤニが抑制出来れば、成形物からメヤニを取り除く作業をスキップできる分、数多くの製品を作れますし、火気について心配しながら作業しなくていいので、より集中できて効率アップに役立ちます。
加えて、現場で刷毛やスプレーで簡単に離型剤を追加塗布できることで、仕事の中断時間を最小限にすることもできます。現場作業の中断を極力減らして一定の生産性を維持するためには、こういうメヤニの発生が抑制出来るフッ素系離型剤を使うのが一番でしょう。

効果と特徴を理解することで適切な製品選択ができる離型剤

離型剤の基本的な効果は、金型表面を離型剤でコーティングしてすべりを良くすることでゴムやプラスチックの粘着をブロックし、成形物の金型からの分離を容易にすることです。この効果を発揮できる物質として、ワックスやフッ素コーティング剤があり、こうした物質を主成分として使った様々な離型剤製品が作られています。
ただ、基本的な効果の面では、このように、成分の違いにかかわらず同じであっても、離型剤の特徴に目を向けると、製品によって様々な差異があります。
例えば、ワックス系は成形物に転写して汚してしまうという特徴があり、このため、ワックス系離型剤を使って成形すると、後で成形物を洗う手順が必要になります。フッ素系離型剤ではこのような問題はないため、作業効率の面で有利と言えるでしょう。
後処理が不要という意味では、メヤニ生成についても、フッ素系離型剤には顕著な特徴があります。メヤニが出来ると、製品の仕上げ前に除去する作業が必要ですが、フッ素系離型剤は、メヤニ生成の抑制できるというという特徴を備えています。抑制ができれば、離型剤の洗浄作業もメヤニ除去作業も不要という特徴があるフッ素系離型剤は、生産性向上を目指す作業現場にはピッタリの製品と言えるでしょう。ただ、全ての離型剤がメヤニ抑制効果があるわけではないので、優秀な専門メーカーのものを購入すると良いでしょう。

headline

プラスチック製品などを綺麗に形造るのに最適な離型剤とは?

大量のねじ

成形過程で金型に粘着して綺麗な形を造るのが難しいプラスチックやゴムの製品は、適切な離型剤を使う…

»more

複雑な形状で成形困難なゴム製品等には優れた離型剤を使おう

機械のスイッチ

ゴムやシリコンなどを金型に流しこんで成形する際に不可欠な離型剤ですが、製品によって、離型効果や…

»more

パッキンやゴムチューブを正確に形造るのに使える離型剤

工場の機械

細長いものは、総じて上手く成形するのが難しいものですが、そのいい例としてゴムチューブやパッキン…

»more

クリーンな作業環境が保てるフッ素系離型剤がワックス系よりも便利

ガッツポーズの作業員

プラスチック製品の生産現場で使われる離型剤の種類としては、ワックスを使ったワックス系、フッ素コ…

»more

contents list

TOP