使いやすくて導入しやすいフッ素系離型剤でメヤニを抑制!

金属加工

パッキンやゴムチューブを正確に形造るのに使える離型剤

工場の機械

細長いものは、総じて上手く成形するのが難しいものですが、そのいい例としてゴムチューブやパッキンがあります。いずれも、極めて正確に成形しないと製品として用を成さないため、離型剤としても特に効果の優れたものを選択する必要があります。その意味で、第一選択肢としておすすめなのは、フッ素系離型剤と言えるでしょう。
フッ素系離型剤は、まず、成分として使われているフッ素コーティング剤の非粘着性やすべり性を付与する効果が高いため、離型効果だけを見ても非常に優れています。ゴムチューブやパッキンのような細長い製品は、できるだけ軽い力で金型から剥がす必要がありますが、フッ素系離型剤なら、この要請に十分に応えることができます。
また、離型効果の高さに加え、成形物の後処理が楽なこともフッ素系離型剤のメリットです。特に、メヤニ生成を抑制できるという特徴は、ゴムチューブやパッキン製造では重宝します。細長い形状のゴムチューブなどにメヤニがべっとりついてしまうと、メヤニ除去の際に加えた力で、ゴムチューブ等が変形したり途中でちぎれたりしないとも限りません。
フッ素系離型剤を使っての成形作業なら、デリケートな形状のゴムチューブやパッキンも、比較的簡単に正確な形を造ることができるでしょう。

headline

プラスチック製品などを綺麗に形造るのに最適な離型剤とは?

大量のねじ

成形過程で金型に粘着して綺麗な形を造るのが難しいプラスチックやゴムの製品は、適切な離型剤を使う…

»more

複雑な形状で成形困難なゴム製品等には優れた離型剤を使おう

機械のスイッチ

ゴムやシリコンなどを金型に流しこんで成形する際に不可欠な離型剤ですが、製品によって、離型効果や…

»more

パッキンやゴムチューブを正確に形造るのに使える離型剤

工場の機械

細長いものは、総じて上手く成形するのが難しいものですが、そのいい例としてゴムチューブやパッキン…

»more

クリーンな作業環境が保てるフッ素系離型剤がワックス系よりも便利

ガッツポーズの作業員

プラスチック製品の生産現場で使われる離型剤の種類としては、ワックスを使ったワックス系、フッ素コ…

»more

contents list

TOP